初心者向けランニング講座 第四回 レースを目前にして


こんにちわ。初めてのレースを目前にしている方もたくさんいらっしゃると思います。そんな方に役立ちそうなことをいくつかポイントを絞って3つ書こうと思います。ひとつはお勧め靴下。ふたつめ、レース当日のシュミレーションをしましょう。3つめは前日の夕食のお勧めメニュー

①靴下は、なんといっても五本指の靴下をお勧めします。マメができにくいです。お持ちでなくて買ったとしてもそれで安心しないでまずは洗濯。汗の吸収をよくするためです。そして1度ははいて走ってみてください。シューズとのなじみ具合を確認するためです。同時に靴ひもの閉め加減の具合も覚えておきましょう。スタートしてから、『あれ、ひもがきつすぎた。』なんて閉め直すのは時間がもったいないですから。さらに加えると結び目はベロの中央ではなく外側に。足首の動きが、この方がよいのです。それと二重結びに。右の写真はランニング用ではありませんが、二重結びがわかりやすいので。

結わえるときにループを一度通したらもう一度そこにループを通すのです。靴ひもむすび位置

靴ひも二重むすび

②レース当日のシュミレーションをしましょう。レースの前で、一番長く走る日を決めます。理想的には3週間前に20キロほど、(この段階で30キロは長いと考えています)この日に当日のシュミレーションをするのです。起床はスタート時間の5時間前。ストレッチをしてから、外で軽く走って身体を目覚めさせます。家に戻りまたストレッチ。朝食はスタート時間の3時間前は食べ終えるようにします。ごはんとおかずはあまり油っこくないもの。納豆が無難でしょうか。味噌汁。レースの朝は排便も大事なこと。食後はリラックスして過ごします。フルを走る場合はちょこちょこと、カステラやらどら焼やらつまんでくださいね。そしてスタート時間になったら、当日着る予定にしているウエアで走り始めましょう。1度でもこのシュミレーションをしておくとレース当日の緊張度はだいぶおさえられます。

③レース前日の夕食には、豚しゃぶをお勧めします。これは翌日めいっぱい筋肉に働いてもらうために、ビタミンB1をたっぷりと摂りたいためです。また、不足すると乳酸がたまりやすくなります。
しゃぶしゃぶと脂を落とした豚肉を召し上がってください。

今日はここまでにします。

ありがとうございました。


予約は電話か下記フォームからお願いいたします。