カテゴリー別アーカイブ: 鍼とランナー

予約は電話か下記フォームからお願いいたします。

我が掌蹠膿庖症の終息

鍼治療とは関係はないのですが。
ブログを見てくださる方の一番多い記事が掌蹠膿庖症の記事なのと、その患者の方から二名ほど問い合わせの電話をいただいた。
ですので今日はこれについて書かせていただきます。

わたくしの発症は、もう3年ほど前。近くの皮膚科にずっと通っていたが、改善する兆しがなく、
専門医を探したら、なんとうちからたった二駅先の西武新宿線、下落合駅から徒歩7分のの聖母病院に掌蹠膿庖症の専門医がいらっしゃることがわかった。

治療法が、それまでかかっていたところとは全く違っていた。

zarube軽い軟膏を塗ってから、サトウザルベというベタベタの油グスリをリント布に薄く塗りのばして足に貼り、後は包帯。包帯の巻き方の上手な看護婦さんがいらっしゃって、わたしも包帯巻き、うまくなりました。

包帯ただ面倒なのは翌日の処置です。
油は油で落とす。
お化粧と同じことなんだけど、サトウザルベをオリーブオイルでなじませて拭いて落としてから石鹸で洗う。そしてまた、昨日と同じように、薄い軟膏を塗り、リント布にサトウザルベを塗布して貼って包帯。
自分の顔の手入れより足に時間がかった。

その手間を惜しんで、少し手を抜いていたら、ちょっとした傷口から菌が入り、蜂窩織炎になり入院の憂き目もみました。
蜂窩織炎の治療は安静と冷やすのと挙上のみ。

氷嚢を乗せています

氷嚢を乗せています

このわたしが車椅子。歩いちゃダメ。

それが一年前。
たぶん掌蹠膿庖症の方は、この記事を読んでくださっているのだと思う。
お近くで専門医を探して受診されることをお奨めします。

参考までに聖母病院のリンクを貼ります。http://www.seibokai.or.jp/

 

 

 

初心者向けランニング本でとてもいいのを見つけました。

20160418初心者向けのランニング本にこだわり、探していました。
仲良しの自衛隊員がふくらはぎが痛いと何度も訴えてきたから。
彼女は体力はあるはずなので、走りの基礎的なことを教えてあげたく、スロージョギングの提唱者、福島大学スポーツ科学部教授、田仲宏暁氏の
スロージョギング健康法
を手に取った。

ゆっくり走ることの意味を、最初に提唱したのは、浅井えり子(注)を育てた
佐々木功監督だ。

LSD,ロング スロウ ディスタンス

ゆーっくり長く走ることで、身体の末端の毛細血管に血液が行きわたるようになり身体が変わっていくとと佐々木監督はいっていた。

佐々木監督の著書
ゆっくり走れば速くなる 
たった一人で走っていた頃の私のバイブルだ。

走るという行為は、本能なのではないかと、なにかで読んだことがある。
それが、競技者ならば速く走らなくてはならないが、私たち一般ランナーは、ゆっくり、花を見たり、ここにおいしそうな店があるな、と、ゆっくり走っていいんです。

彼女は、今回の熊本地震のように、不測の事態に常に備えていなくてはいけない身体。
それは本当に過酷な仕事だ。

それでも、通常任務のときには、リラックスしてゆっくり走り自分の身体の状態、調子を、身体との対話というのか、そういうことも知ってほしくて。

ランニング本については、
ニコニコペース
と言う言葉を最初におっしゃった田中教授のこの著書を、彼女に勧めます。

心配は、厳しい自衛隊の、自由時間であっても、ゆーくり走っていたら上官に叱られないかということです。

 

その時は、田中教授の理論を説明してね。

(注)浅井えり子 帝京科学大学客員教授
1988年ソウルオリンピック女子マラソン日本代表
1986年ソウルアジア競技大会女子マラソン金メダリスト



初心者ランナーが、シューズを買う時のポイントは?

つい最近走り始めた友達にシューズ選びについてきてよと言われて、新宿に行った。
一番大事なことは、メーカー何社か履き比べてみることだ。
メーカーによって足型や、製法が異なっている。シューズは消耗品だけど、走る上では一番重要なアイテムだ。慎重に選ばなくてはいけない。
好きなメーカー、アシックス、アディダスと履き比べ、石田おすすめのブルックス。アンダーアーマーも履いてみた。大事なことは、必ず両足履いてキチンと紐をしめて少し店内を歩いたり、軽くジャンプしたり自分の足とのフィット感を確認すること。
順序が逆になったけど、ご自身のランニング用のソックスを持参して欲しい。今どきはショップでもソックスは用意していてくれてるけれど、マイソックスのほうが、フィット感が確認できる。 友達は、自分ひとりでは、あそこまで何足も試し履きできなかったと言った。でも、シューズ選びでは一番のキモ。

それでも、せっかくだからともう一店見に行った。
アートスポーツ、新宿店。
店員さんの知識の豊富さに驚かされた。
こちらも、走歴32年の、しかも解剖学の知識もキチンとある者だ。嫌みったらしいけど、こちらの知識をちらつかせて、店員さんの知識がどの程度かうかがう癖がついてしまっている。 ランニングの着地に関して、かかと着地、フォアフット。キチンとご存じだった。一番驚いたのは、せっかく来たのだから自分も試し履きしてみようとかなと店内を ウロウロしていたら、シューズを履いているにもかかわらず、外反母趾ですね。と指摘されたことだった。
さらには足の骨模型を持ってきて、かかとの骨の不安定さが原因で外反母趾になるので、とインソールを勧めてくださった。
この店員さんなら、靴選び、信頼できるなとかんじました。
二店舗まわったのも正解。
また、このアートスポーツには、レース中の栄養補給のゼリー飲料の、小型版、ランニングパンツの小さなポケットに入るような、が、たくさんあってそれも魅力でした。

burukkusuこれは、ブルックスの一番人気の、ピュアフローです。軽くフィット感抜群。着地はフォアフット向けです。
BROOKS PureFlow5

 

 

adelidasuこちらは、軽量化とクッション性を追求した、モデル。adidas response boost techfit
かかと着地向けのかたのモデルかと思います。

 

着地に関して、かかと着地やフォアフットについては稿を改めさせていただきます。

 

 

走りたいなと思ったら 続き 初心者向けお勧めのランニング本

初心者向けの書籍を探しに書店に行くと、ランニング本はたーくさんあった。ありすぎて選べないだろう、くらい。その中には
週1回のランニングでマラソンは完走できる。
という書籍。
どう考えても、それは無理だろう。
わたくしが責任を持って初心者にすすめるとしたら、
著者でもって
金哲彦 鈴木清和 松本翔
この三氏だと思います。
他の方を否定しているわけではありません。誤解のなきよう。
また、年始に紹介した 中野ジェームス修一氏の、
青とれ!
は中上級者向けと思います。。

各氏のプロフィールを記します。
金哲彦氏
元陸上競技選手 マラソン自己ベスト2時間11分48秒
陸上競技、駅伝解説者
日本陸上競技連盟女子長距離マラソン強化部長

鈴木清和氏
ランニングコーチ スポーツマイスタズコア代表 ACAF認定トレーナー

松本翔 氏 東大1年時に箱根駅伝に出場。マラソン自己ベスト2時間13分48秒の現役最速のビジネスランナー

青とれ!体幹トレーニングの成果が発揮され東京マラソン日本人二位三位に青学大生が!

あおとれ明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
さて、お年賀がわりに。ランニングおすすめ本の紹介です。
青トレ。
この本のキモは
肋骨から骨盤までのいわば空洞を、いかに鍛えて強靭な軸をつくり、ランニングに必要なしっかりとした強い腕降りと、股関節からの足の振り出しを生み出そうというものです。

こんな小さな動きがランニングに役に立つのか、そんな疑問を青学駅伝部の選手たちも感じつつのコアトレーニング。青学選手と一緒にできるDVD55分付きです。 お正月休みにぜひ行っていただいて、今シーズンいい結果を出していただければと思います。

青トレ
青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ
著者 原 晋
中野ジェームス修一

予約は電話か下記フォームからお願いいたします。