町田先生の治療を受けてわかったこと、私の治療の原点


町田先生と 先日、恩師である町田先生の治療を受けに行きました。受けてみて、町田先生の治療スタイルこそが私の治療の考え方の原点だったのだということを改めて確認する機会となりました。、ひとつ例をあげると、坐骨神経痛の原因のひとつとなる梨状筋への鍼の打ち方、梨状筋(注1.の場所を特定する骨性指標(注2、を実習室で何度も教えてくださいました。ロサンゼルスの解剖実習でも、腰痛で鍼をするべきだが鍼を打ちにくい腸腰筋への鍼など、献体をつかわせていただいて丁寧に教えてくださいました。

今回、わたし自身が受けに行った時も、ランナーに多いシンスプリント、後脛骨筋への鍼の打ち方、あれ?そんなに上ですか?なんて会話をして、改めて復習の機会となりました。

ランナーの患者さんがとても増えましたし、わたし自身もフォームを変えてランナー復帰。ますます精進して治療もrunもがんばります!

町田先生へのリンクは右をクリックして下さい メディコ新宿へのリンク

 


予約は電話か下記フォームからお願いいたします。