往診でわんちゃんいるお宅でも大丈夫ですよ。愛犬 凌を飼っててよかったなと思うことのひとつに


我が家の三男、凌最近は往診先でも犬を飼っているお宅が多い。つい先日お伺いしたお宅でも、ピンポーン!で二頭のフレンチブルドックが『ド!ド!ド!ド!ドッ』(13㌔と、ちょっとおデブさん)とお出迎え。その後も洋犬ならではの人なつっこさから顔じゅう、特に口元を舐める舐める。私が平気で相手をしていて、ご夫妻はほっとしたご様子でしたが、この歓待ぶりは犬を飼っていなければ。マッサージ中は傍らにいてもらったけど手元を必死に舐めにく。鍼を始めるときは別室へ。何かあってもいけないのでね。それでも、治療中の部屋の前にきてドアをガリガリひっかき、鼻をクンクンならしてた。終わるまでずっと待っていた。

その前は、こちらは三頭。チワワ、パグ、ゴールデンレトリバーが大挙して!お出迎え。やや唖然!治療中も、チワワは患者さんである飼い主さんに乗っかっちゃうし、ゴールデンレトリバーは私の足元に寝そべり、パグは私の道具をクンクン。犬嫌いだったらそもそも玄関で呆然と立ちすくんだことだろう。

凌は8年前に我が家の一員になった。1月19日うまれ。オスのミニチュアダックススフント。犬を飼うのは初めてだったから特にどんな犬種かの希望はない、とういうかどう決めればいいかわからなかったがペットショップに下見に行った時、長男曰く『こいつと目があっちゃったんだよね。』
名前の『凌』は、『凌駕する』から。血統なんてこれまたどうでもよかったけど、なんでも父犬がアメリカチャンピオンで、母犬の父もアメリカチャンピオン。それで『凌』に。
血統の良さが垣間見れるのは、注射の時ぐらい。堂々とじっとしている。それ以外はただの食いしん坊で甘えん坊な我が家の三男です。
初めてこちらのブログで凌を紹介させていただきました。

画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。スマホの方もクリックで!!!


予約は電話か下記フォームからお願いいたします。