マニキュアに憧れ


鍼師になってから、マニキュアは『ご法度』と、みずから決めてかかっていたが、休みの日のお出かけの時に淡い色のマニキュアをして、落とし忘れて翌日仕事をしていたら、指圧や鍼を打つたびに必ず目に入る指先が淡く綺麗で仕事中とても快適で、それ以来しばらくネイルを楽しんでいた。
けれども、爪が割れるようになってしまいこのところマニキュアはあきらめている。
ふと目に止まった新聞記事で、ある作家さんがサイン会の時に手元が気になりジェルネイルを試みたところ、執筆中文章に詰まった時にキーボードの上に待機するネイルで彩られた自分の指先を見て一瞬の気分転換をする、とあり、やっぱりそうだよな、とうなずいた。
実際に、妊娠中の女性がマニキュアを塗った場合、緊張や怒りの感情が低下したという実験結果もあるそうだ(2011年9月3日日本経済新聞夕刊)
わざわざ、今日の話題にしたのは、どなたか爪の傷みにくいマニキュアや、塗り方をご存じないかと期待しまして…
写真くらいの淡いネイルで指先を彩って鍼をうちたいな。

image


予約は電話か下記フォームからお願いいたします。