鍼による風邪の治療


鍼治療は肩凝りや筋肉痛だけに対応するものではありません。

風邪のひきはじめには効きます。
特に、風邪ひきそうだな、というときに鍼を受けられれば風邪にいたらずにすみます。

治療箇所、刺鍼箇所について。
風邪っぽいな、という時に首の凝りを感じませんか?
なので、まず首すじに鍼をします。
喉が痛い、鼻水みずっぱながでる。
こういうかたには、手の甲にあるツボ、合谷 ★ への鍼がとてもききます。
また、鼻のきわの頬骨に圧痛点、押すと痛いところ、がありそこに鍼をします。お顔ですので当然美容鍼のほそーい鍼を用います。

これらの鍼は、ひきはじめの風邪には有効です。

急な高熱。インフルエンザなどの場合は至急医療機関を受診してください。

風邪の予防はとにかく、うがい手洗いです。

毎日外出のたびに励行してくださいね。

https://karadanote.jp/5970


予約は電話か下記フォームからお願いいたします。